スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21年 堺市中区陶器地区試験曳き


スポンサーサイト

平成21年 堺市中区陶荒田神社宮入

平成21年 陶器地区・狭山だんじり祭り

平成21年 堺市中区陶器地区試験曳き 鶯谷 2009/9/27


平成21年 堺市中区陶荒田神社宮入001上之1 2009/10/10


平成21年 堺市中区陶荒田神社宮入002上之2



続きを読む

平成20年 堺市中区陶器地区 鶯谷地車修理完成入魂式・お披露目曳行

平成20年5月18日、堺市陶器地区の鶯谷地車修理完成による入魂式とお披露目曳行がおこなわれました。

P5180087.jpg
P5180089.jpg


▼昨年の修理前
PAP_0901.jpg


▼町内をお披露目曳行
P5180105.jpg
P5180096.jpg
P5180107.jpg
P5180110.jpg
P5180112.jpg
P5180127.jpg
P5180128.jpg
P5180147.jpg
P5180162.jpg
P5180203.jpg
P5180217.jpg
P5180220.jpg
P5180222.jpg
P5180224.jpg
P5180234.jpg



お披露目曳行動画(YouTube動画)

動画1

動画2

動画3

動画4


お披露目曳行動画(eyeVio動画)

高画質動画1

高画質動画2

高画質動画3

高画質動画4

高画質動画5



※高画質動画とは、YouTubeにアップした動画と比較してとの意味です。また、YouTube動画はケータイでの撮影、eyeVio動画はデジタルカメラによる撮影です。動画内容は違います。



他、写真はこちらにアップしています↓
http://picasaweb.google.co.jp/taro.sanbon.3/2020



鶯谷の皆様、地車修理完成入魂式おめでとう御座いました。

平成19年 堺市陶荒田神社 北村(陶器北)(祭礼・昇魂式)

平成19年は、北村現(旧)地車にとっては、最後の宮入り。

初代現(旧)地車は、天保6年(1835年)製作の板勾欄出人形式住吉型上地車。明治33年10月に15円で修復。北村へは、明治37年に墨江村(現・大阪市住吉区浜口)より購入。
昭和58年、植山工務店にて修復。
平成7年、天野工務店にて修復。

初代現(旧)地車の彫刻は、見送り正面「加藤清正」、右「後藤又兵衛の虎退治」、左「韓軍大将金如吻」。現獅噛みは三代目で松並義孝の製作。

平成20年、地車新調の為、11月3日昇魂式。2代目新地車は、あまの地車製作所で製作新調。初代地車をベースに、大きくするとの事。

初代地車は、兵庫県尼崎市塚口の宮之町が購入。平成20年より曳行予定。



▼平成19年祭礼(宮入り)

PAP_0887_20071130234610.jpg







▼平成19年11月3日昇魂式

PAP_1122.jpg

PAP_1123.jpg

PAP_1124.jpg

PAP_1132.jpg









PAP_1119.jpg

▲昇魂式
PAP_1118.jpg

▲昇魂式
PAP_1116.jpg

▲昇魂式
PAP_1114.jpg

▲昇魂式
PAP_1103.jpg

▲正面
PAP_1112.jpg

▲正面より右側
PAP_1111.jpg

▲小屋根
PAP_1109.jpg

▲小屋根
PAP_1106.jpg

▲正面より右側土呂幕
PAP_1104.jpg

▲小屋根
PAP_1105.jpg

▲見送り:左(正面より右側)「後藤又兵衛の虎退治」
PAP_1110.jpg

▲見送り:正面(後)「加藤清正」
PAP_1108.jpg

▲後梃子
PAP_1100.jpg

▲見送り:右(正面より左側)「韓軍大将金如吻」
PAP_1099.jpg

▲正面より左側土呂幕
PAP_1101.jpg

▲縁葛の金具
PAP_1098.jpg

▲正面より左側
PAP_1102.jpg

▲正面
PAP_1107.jpg

▲担い棒にある「北村」
PAP_1096.jpg

▲正面土呂幕
PAP_1097.jpg

▲正面

平成19年 堺市陶荒田神社 西中

本年初めて行った、と言うか、知った陶器地区の祭礼。

陶荒田神社宮入り8番の西中。

後ほど知ったのですが、この西中は、平成4年までは、布団太鼓での奉納だったそうです。

その布団太鼓は、いったい何処に行ったのでしょうか・・・。

その太鼓台は、東大甲(開口神社)新調で、初代土師町の太鼓台として購入。土師町が2代目新調につき、西中が昭和24年に購入。以後平成4年まで担がる。

平成5年に、現・上地車折衷型を植山工務店で新調。彫師:木下頼定。
土呂幕「源 頼朝初陣」。見送り「一ノ谷の合戦」。

そして、太鼓台は、個人所有になった後、現在の石津川向(石津太神社・西区)の太鼓台となる。


▼平成19年の初日

PAP_0896.jpg

PAP_0897.jpg

PAP_0898.jpg

PAP_0889_20071128174538.jpg

PAP_0891_20071128174556.jpg

PAP_0892.jpg

PAP_0893.jpg








◎参考記事◎

石津川向のページへ。

土師町のページへ。

平成19年 堺市陶荒田神社 だんじり

堺市陶器地区の祭礼は、だんじり祭りです。
一般的な河内方面の祭礼日に行われ、曳行の仕方も、河内方面に似た行い方(南河内式)です。(上神谷地区の泉田中もこの方式)
担ぎ上げたり、遣り回しをする町、しない町があります。

大阪狭山市の地車(三都神社にも宮入)も宮入りし、全10台。


PAP_0891.jpg

▲田園


PAP_0895.jpg

▲山本


PAP_0889.jpg

▲福町中(福中)


PAP_0899.jpg

▲宮入全10台

PAP_0888.jpg

▲西中

PAP_0887.jpg

▲辻之


▲田園宮入


▲東陶器小学校前:山本、辻之、上之+ライフ前:鴬谷、西中


▲隠、高蔵寺、田園(ライフ前)


▲北村、辻之、上之(ライフ前)


▲福町中(福中)(ライフ前)
↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。