スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堺市開口神社 芦原濱ふとん太鼓台

現太鼓台:昭和58年新調。3代目。大工:梶内だんじり(淡路市)、彫刻師:初代中山龍雲(姫路)※1
狭間、虹梁彫刻は、先代(2代目)太鼓台のものを使用。

先代(2代目)太鼓台:昭和28年梶内にて購入。現:南あわじ市庄田八幡神社(倭文八幡神社)倭文高※2。

初代は大正2年制作。昭和20年7月10日に戦災で焼失。

平成23年に4代目太鼓台新調予定。大工:井上工務店(岸和田市)





姿見

IMG_0039.jpg
↑茶色房、高欄幕の装飾時

IMG_0003.jpg
↑白房の装飾時




狭間彫刻

IMG_0244.jpg
↑正面:巴御前の奮戦

IMG_0262.jpg
↑右:曾我兄弟の仇討

IMG_0232.jpg
↑後:源義経の穴隠れ

IMG_0239.jpg
↑左:楠公子別れ櫻井の駅




高欄

高欄刺繍幕 刺繍:日本刺繍(京都府)

IMG_0218.jpg
↑正面:源義経、出陣の場

IMG_0224.jpg
↑右:源義経、八艘飛び

IMG_0227.jpg
↑後:京の五条大橋弁慶と牛若丸

IMG_0238.jpg
↑左:那須与一 扇の的場


高欄彫刻

題材は十二支。正面、右、後、左の順。

IMG_0021.jpg
IMG_0086.jpg
IMG_0051.jpg
IMG_0047.jpg




金綱布団締めと隠し額は鬼面一族。
IMG_0119.jpg

会紋
IMG_0221.jpg

茶色四つ房
IMG_0223.jpg

桝組と木鼻
IMG_0442.jpg




備考

※1狭間彫刻には彫刻師の墨書き等の銘板は無い。また、墨書き等を行わない彫刻師であった。同彫刻師の狭間は、兵庫県南あわじ市府中八幡神社大榎列、淡路市貴船神社竹谷など。昭和25年~30年前後、梶内製作の太鼓台には初代中山龍雲の彫刻が組まれていた。

IMG_3288.jpg
↑※2南あわじ市庄田八幡神社倭文高。(彫刻、装飾品は別)

スポンサーサイト

平成19年 第34回堺まつり 大甲濱

平成19年の堺まつりでの大甲濱です。

大甲濱太鼓台は、平成10年に約70年ぶりに復活。
現太鼓台は、3代目で昭和10年に西之町(百舌鳥八幡)が新調したもの。
淡路型で、製作:柏木福平。添棟梁:吉田国一。彫師は川原啓秀。

狭間彫物は、正面は「頼朝鶴ケ岡八幡宮参拝」、右は「川中島の合戦」、左は「村上義光錦の御旗奪還」、後ろは「神功皇后応神天皇平産す」。

初代は、明治43年制作の淡路型で地車より転換。大正3年に利器制作所仲(菅原神社)へ売却。大正9年に柏原市太平寺に売却。

2代目は、大正初期~昭和7年まで使われ売却。


▼前夜祭3番

PAP_0995.jpg

PAP_0993.jpg


大甲濱前夜祭動画1

大甲濱前夜祭動画2

大甲濱前夜祭動画3

▼担ぎ出し8番

PAP_1063.jpg

PAP_1062.jpg

PAP_1061.jpg

PAP_1060.jpg


大甲濱担ぎ出し動画

▼パレード

大甲濱大パレード動画

大甲濱と榎の担ぎ合い動画

平成19年 第34回堺まつり 芦原濱

平成19年の堺まつりの芦原濱です。
本年は、10月20、21日で、前夜祭では、8番、パレードは、10番でした。

今年もすごく人が多く、各太鼓、様々な演出をしていました。


芦原濱太鼓台は、昭和58年の淡路型太鼓台。梶内だんじり店で費用950万円で製作。3代目。

平成23年、4代目新調予定で、井上工務店へ発注。

初代太鼓台は、大正2年に購入し、昭和19年まで、宮入り5番目。(13台中)
しかし、昭和20年7月の堺大空襲により焼失。

昭和27年からは、海船濱太鼓台を借りての宮入りをする。
2代目は、昭和29年、漁船で淡路島まで購入しに行く。布団締めは白地だった。
同37年から40年は、休止し、同41より再び担ぎ出される。

昭和47年に、布団締めが金綱へとなる。が、昭和57年の飾りつけ準備の際、太鼓台のバランスを崩し転倒。タガヤ等を損害した。

その為、現3代目太鼓台新調となった。その2代目太鼓台は、現在修復され、淡路島で活躍中。

彫り物枡合の正面は「巴御前の奮戦」、右「楠公子別れ櫻井の駅」、左「曽我兄弟の仇討ち」、後ろ「源頼朝の朽木隠れ」。彫刻師は、松田正幸。

堺まつりへは、第1回の昭和49年より出場。


▼堺まつり前夜祭

PAP_0976.jpg

PAP_0974.jpg

PAP_0964.jpg






▼堺まつり担ぎ出し

PAP_1050.jpg

PAP_1049.jpg

PAP_1048.jpg

PAP_1047.jpg

PAP_1046.jpg

PAP_1045.jpg

PAP_1043.jpg




▼大パレード



▼ゴール地点での東湊との担ぎ合い


▼平成3年の芦原濱(3代目太鼓台)
装飾品と、太鼓の叩き方が、今と違います。



平成19年 堺市開口神社 ふとん太鼓

堺市で、最も早い布団太鼓の祭り。9月12日より一つ前の金土日に行われます。本年は、9月7、8、9日に行われました。動画、写真のほとんどは、8日(土)のものです。

現在は、新在家濱、隅田(大南戸川)、芦原濱、大甲濱の4台。

各太鼓台や戦前等の詳しくは、後日、記します。


▼新在家濱
PAP_0400.jpg

PAP_0395.jpg


▲新在家濱


▼隅田(大南戸川)
PAP_0374.jpg

PAP_0396.jpg


▲隅田(大南戸川)


▼芦原濱
PAP_0407.jpg

PAP_0394.jpg


▲芦原濱


▼大甲濱
PAP_0379.jpg

PAP_0397.jpg



▲大甲濱




↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。