スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年 加古郡稲美町愛宕神社国岡春祭り

2/21










続きを読む

スポンサーサイト

平成22年 洲本市由良湊神社ねりこ祭り布団だんじり奉納

2月11日








続き↓

続きを読む

豊中市庄内洲致止神社 大島鳩恩会布団太鼓台

大島鳩恩会

小屋は洲致止神社内。
明治期に難波付近の太鼓屋の作。神崎川を舟で運んだ。室戸台風(昭和9年)で太鼓台小屋と共に破損した。昭和26年に修復。
彫刻師:不明。狭間、泥台には牡丹に唐獅子。高欄下には腰組があり、高欄彫刻は十二支。

構造形式は大阪型。

高さ4000mm前後ある。尚、豊中市庄内椋橋神社にも腰組のある布団太鼓が3台ある。




姿見・全体


IMG_0170.jpg


IMG_0107.jpg




狭間彫刻。題材は牡丹に唐獅子(正面、右、後、左の順)

IMG_0131.jpg
IMG_0163.jpg
IMG_0112.jpg
IMG_0145.jpg




泥台彫刻。題材は牡丹に唐獅子。透彫りが成されている。(正面全体、正面、右、後、左の順)
IMG_0136.jpg
IMG_0140.jpg
IMG_0156.jpg
IMG_0108.jpg
IMG_0129.jpg




木鼻
IMG_0117.jpg

枡組み
IMG_0119_20100203223818.jpg

雲板
IMG_0163.jpg

高欄腰組み
IMG_0133.jpg
IMG_0143.jpg

太鼓
IMG_0111.jpg

布団締めは昇り降り龍の刺繍
IMG_0172.jpg

隠し額
IMG_0154.jpg



堺市開口神社 芦原濱ふとん太鼓台

現太鼓台:昭和58年新調。3代目。大工:梶内だんじり(淡路市)、彫刻師:初代中山龍雲(姫路)※1
狭間、虹梁彫刻は、先代(2代目)太鼓台のものを使用。

先代(2代目)太鼓台:昭和28年梶内にて購入。現:南あわじ市庄田八幡神社(倭文八幡神社)倭文高※2。

初代は大正2年制作。昭和20年7月10日に戦災で焼失。

平成23年に4代目太鼓台新調予定。大工:井上工務店(岸和田市)





姿見

IMG_0039.jpg
↑茶色房、高欄幕の装飾時

IMG_0003.jpg
↑白房の装飾時




狭間彫刻

IMG_0244.jpg
↑正面:巴御前の奮戦

IMG_0262.jpg
↑右:曾我兄弟の仇討

IMG_0232.jpg
↑後:源義経の穴隠れ

IMG_0239.jpg
↑左:楠公子別れ櫻井の駅




高欄

高欄刺繍幕 刺繍:日本刺繍(京都府)

IMG_0218.jpg
↑正面:源義経、出陣の場

IMG_0224.jpg
↑右:源義経、八艘飛び

IMG_0227.jpg
↑後:京の五条大橋弁慶と牛若丸

IMG_0238.jpg
↑左:那須与一 扇の的場


高欄彫刻

題材は十二支。正面、右、後、左の順。

IMG_0021.jpg
IMG_0086.jpg
IMG_0051.jpg
IMG_0047.jpg




金綱布団締めと隠し額は鬼面一族。
IMG_0119.jpg

会紋
IMG_0221.jpg

茶色四つ房
IMG_0223.jpg

桝組と木鼻
IMG_0442.jpg




備考

※1狭間彫刻には彫刻師の墨書き等の銘板は無い。また、墨書き等を行わない彫刻師であった。同彫刻師の狭間は、兵庫県南あわじ市府中八幡神社大榎列、淡路市貴船神社竹谷など。昭和25年~30年前後、梶内製作の太鼓台には初代中山龍雲の彫刻が組まれていた。

IMG_3288.jpg
↑※2南あわじ市庄田八幡神社倭文高。(彫刻、装飾品は別)

平成21年 南河内郡太子町山田 科長神社祭礼


平成21年 堺市北区百舌鳥八幡宮月見祭 西之町






↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。