スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年 堺市百舌鳥八幡宮

本年19年は、宮入り宮出ともに2番だった中百舌鳥町。


中百舌鳥町は、もともと金口村と東村が合併した町で、以前は地車3台を昭和初期まで所有。昭和34年に合併し、初代太鼓台となる淡路型中太鼓を昭和46年購入。しかし1年で土師町へ売却し、2代目は、昭和47年に、淡路型大(親)太鼓と子太鼓を梶内だんじりで製作新調。

以後平成15年まで担がれる。

平成16年に、現3代目淡路型太鼓台を新調。
太鼓台製作は、吉為工務店(岸和田)。彫師は狭間、虹梁、力神、烏天狗は岸田恭司(岸和田)。木鼻は山本仲伸(泉佐野)。

使用木材は、本柴檀(四本柱、雲板の彫刻、勾欄合の彫刻)、縞黒檀(彫刻部)、鉄刀木、花梨(土呂台、縁葛等)。

枡合(挟間)彫刻は、正面「金沢柵攻略」、右「為朝 白縫を娶る」、左「堀川夜討ち」、後ろ「大江山酒盛」。
虹梁彫刻は、正面「信長、道三の会見」、右「桶狭間の戦い」、左「長篠の合戦」、後ろ「信長角力(すもう)興行」。
木鼻彫刻は「親子唐獅子と牡丹」。

金具、金綱、伊達幕は梶内だんじり(淡路)。憲章(町紋)等の刺繍日繍(京都)。
伊達幕は、川中島の合戦で、「鬼小嶋弥太郎」、「武田信玄」、「上杉謙信」、「原大隅守」の刺繍。
金綱は、ドイツ製の24金ハイグレード糸使用。

房は岡本啓助商店(京都)。白、紅、藍の3重構造の房。

太鼓は、坂東太鼓店(大阪市)で製作し、2寸5尺のものを新調(木材は、ケヤキ。皮は、牝の和牛)。

個人的な感想ですが、非常に遠くからでも聞える重低音のある太鼓でした。

平成19年の宮入りと宮出の様子です。動画は、ケータイカメラの動画で、画質はあまり良くありませんが、太鼓の音が100%とは言えないですが、再現出来ていると思います(スピーカーの音質により異なります)。



▼平成19年の宮入り

PAP_0699_20071127185404.jpg

PAP_0697_20071127185415.jpg

PAP_0694.jpg

PAP_0691.jpg

PAP_0689_20071127185441.jpg

PAP_0685_20071127185448.jpg

PAP_0684_20071127185502.jpg

PAP_0683.jpg

PAP_06980.jpg

PAP_06930.jpg









▼宮出

PAP_07200.jpg

PAP_07190.jpg

PAP_07180.jpg





コメントの投稿

非公開コメント

↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。