スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年 堺市石津太神社 石津川向

初日の10月5日(金)の宮入り4番、石津川向。

太鼓台奉納のはじまりは、昭和45年、個人所有の子供太鼓を奉納したのが初め。

2代目は、昭和53年に梶内だんじりより購入。平成4年まで担がれる。

3代目は、平成5年に、個人所有(上記の個人とは別)の太鼓台を購入。(2代目と交換)。

この3代目太鼓台は、東大甲(開口神社)が、明治末期に新調した淡路型で、昭和5年に土師町(百舌鳥)初代太鼓台として購入。昭和24年に西中(堺市陶器地区)が購入、平成5年に西中が地車転換につき、個人所有に。

彫師:平間勝利。平成12年梶内だんじりで修復。
彫り物は、枡合:正面「神功皇后三韓征伐」、右「楠公子別れ櫻井の駅」、左「忠信碁盤投げ」。後ろ「大磯五郎大磯驀進」。


▼平成19年の祭礼

PAP_0785.jpg




◎参考記事◎

西中のページへ。

土師町のページへ。


コメントの投稿

非公開コメント

↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。