スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市平野区杭全神社 宮附布団太鼓

杭全神社所有の布団太鼓。

製作は嘉永5年(1852年)、大工不詳、彫刻師は小松源蔵。
平成20年に修理をしている。


1IMG_0151.jpg

狭間彫刻は四面とも牡丹に唐獅子。
1maeIMG_0118.jpg
↑前

2migiIMG_0043.jpg
↑右

3ushiroIMG_0034.jpg
↑後ろ

4hidariIMG_0127.jpg
↑左


IMG_0157.jpg
↑泥台

6IMG_0145.jpg

IMG_0132.jpg

IMG_0133_20100408222935.jpg
↑額

uraIMG_0138.jpg
↑狭間裏側も彫刻がされている。

2IMG_0048.jpg
↑桝組と木鼻

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です!!
先日は初めてお会いできて光栄でした^^
僕はまだ淡路初心者なので地区名が分からない壇尻も多く、このHPで色々と勉強させていただいています!!
大阪にも進出したいと思っています~!
今後ともお会いした際にはよろしくお願いいたします^^b

150年以上も大事に受け継がれている布団太鼓とはすごいですね^^;

祭り学生さんへ

コメント有難う御座います。
そうですね、淡路は地区名が沢山ありますし、読み方も難しいので、実際地元の方に聞かないと分からないですよね。。。。

もう150年前にはこの形があったことになりますね。
↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。