スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開口神社(大寺さん)奉納 南半町ふとん太鼓(焼失)

南半町布団太鼓は、南半町西の少林寺橋から出島橋付近を中心とした布団太鼓で、開口神社へ宮入りをしていた。

南半町と書いて「みなんじょ」と呼ばれていた。

南半町太鼓台は、大正元年頃製作の淡路型。
布団締めは、昇り龍・下り龍の刺繍で、隠し額は、前後左右に分かれて、般若、天狗、老翁、老媼であった。房は、黒房で、誰もが知る名太鼓であったそう。

大正2年から昭和2年までは、開口神社には、合計13台宮入りをしていた。

この布団太鼓も、昭和20年の堺大空襲で焼失。

現在は、子供太鼓が存在する。


南半町改良

▲南半町の絵画再現イメージ
※房は、黒房です。

この絵画は、資料等を参考に自作したものです。色や姿・形等100%再現出来たとは限らず、又、全く違う可能性もあります。あくまでも参考にご覧になって下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。