スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年 第34回堺まつり 大甲濱

平成19年の堺まつりでの大甲濱です。

大甲濱太鼓台は、平成10年に約70年ぶりに復活。
現太鼓台は、3代目で昭和10年に西之町(百舌鳥八幡)が新調したもの。
淡路型で、製作:柏木福平。添棟梁:吉田国一。彫師は川原啓秀。

狭間彫物は、正面は「頼朝鶴ケ岡八幡宮参拝」、右は「川中島の合戦」、左は「村上義光錦の御旗奪還」、後ろは「神功皇后応神天皇平産す」。

初代は、明治43年制作の淡路型で地車より転換。大正3年に利器制作所仲(菅原神社)へ売却。大正9年に柏原市太平寺に売却。

2代目は、大正初期~昭和7年まで使われ売却。


▼前夜祭3番

PAP_0995.jpg

PAP_0993.jpg


大甲濱前夜祭動画1

大甲濱前夜祭動画2

大甲濱前夜祭動画3

▼担ぎ出し8番

PAP_1063.jpg

PAP_1062.jpg

PAP_1061.jpg

PAP_1060.jpg


大甲濱担ぎ出し動画

▼パレード

大甲濱大パレード動画

大甲濱と榎の担ぎ合い動画

コメントの投稿

非公開コメント

↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。