スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅原神社(天神さん)奉納 北浜(北波止)ふとん太鼓(焼失)

北浜布団太鼓は、北波止町を中心とした布団太鼓で、菅原神社に宮入りをしていた。


北島と夫婦太鼓として異名を持っていたが、途中、北島と仲が悪くなり、宮入り時の運行妨害された事により、開口神社に宮入りをする。

北浜太鼓台は、明治40年新調の淡路型で、布団締めは昇り降り龍。大正2年に百舌鳥八幡宮の梅町に売却。

現在の梅町は、大改修をし、土呂台、タガヤより上布団部分は、浜石へ売却。

その後大正14年に2代目を新調するが、昭和3年に火災に合い廃絶。


北浜2

▲初代北浜の絵画再現イメージ
※房は、白房です。

この絵画は、資料等を参考に自作したものです。色や姿・形等100%再現出来たとは限らず、又、全く違う可能性もあります。あくまでも参考にご覧になって下さい。


▼北波止(北浜)にある菅原神社御旅所
PC200019.jpg

PC200018.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

↓大阪祭礼記ホームページ↓
カテゴリー
ブログ内検索
大阪祭礼記
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。